エコ事業

  日本全体のCO2排出量は2004年で12億7,900tでした。このうち約30%は家庭やオフィスビルに起因するもので、その排出量は京都議定書の基準年の90年度と比べて、それぞれ30%以上増加しています。
  地球温暖化を防止するために、家庭やオフィスビルでのエネルギーの利用効率を向上し、CO
2を削減することが重要な課題となっています。
CO
2削減に向けた取り組みが各方面でなされていくことでしょう。
  SECIAは「焼け石に水」と考えてしまいがちな「とるに足らない」行動に着目し社会貢献を目指した電気エネルギー分野でTSKシステムの推進に邁進しています。


京都議定書とは
1997年12月11日、京都市で「第3回気候変動枠組条約締約国会議(COP3)」が開かれました。この会議の中で議決した議定書のことを、「京都議定書」と言います。
この京都議定書は、1992年に開催されたリオデジャネイロの地球サミットにおいて採択された「気候変動枠組条約(地球温暖化防止条約)」の締約国のうち、先進国(東欧を含む38カ国と欧州委員会)にそれぞれ目標量を示して6種の温室効果ガス削減または抑制を義務づけ、その達成時期を定めているものです。
議定書には、温室効果ガス排出量の削減目標を、1990年を基準年として国別に削減目標数値を定め、世界が協力して約束期間内に目標を達成することが定められました。

※京都議定書で定められた主要各国の削減率(全体を足し合わせると5.2%の削減)
日本:−6% 米国:−7% EU:−8% カナダ:−6% ロシア:0% 豪州:+8%  NZ:0% ノルウェー:+1%

京都議定書の発効までの経緯
1997年12月に議決された京都議定書ですが、発効までには長く時間がかかりました。それは、京都議定書の第25条にあった、「議定書の発効にはまず、『気候変動枠組条約』の締約国(185カ国と欧州委員会)のうち55カ国以上が議定書を批准する必要があり、さらに、この批准国のうち先進国の1990年のCO2排出量が、未批准国を含む全先進国の排出量の55%以上にならなければいけない」という発効条件が満たされていなかったという経緯があります。
米国も受け入れを拒否し、ロシア連邦も受け入れの判断を見送っていたため、2004年ごろまでは議定書の発効が行われていない状況でした。2004年に、ロシア連邦が批准したことにより、2005年2月16日に「京都議定書」はようやく発効されたのです。

目標達成時期について
京都議定書では、2008年から2012年までの期間中に、先進国全体の温室効果ガスの合計排出量を1990年に比べて少なくとも 5%削減することを目的と定めました。その後、「第7回気候変動枠組条約締約国会議(COP7)」などで各国の遵守制度についても話し合われました。目標達成期間内に不遵守の国があった場合(目標達成ができなかった場合)、その国の排出超過の1.3倍分を次期約束期間の割当量からの差引くこと、次期約束期間における遵守確保のための行動計画を策定すること、排出量取引が禁止されるなど、法的拘束力を持たない形での罰則規定が決定されています。

京都メカニズム
「クリーン開発メカニズム」、「排出量取引」、「共同実施」の 3つのメカニズムを京都メカニズムといいます。各国の削減目標達成のために、京都議定書に盛込まれた制度です。

(1)共同実施
先進国同士でプロジェクトを行い、その結果生じた排出削減量(または吸収増大量)に基づいて発行されたクレジットをプロジェクト参加者間で分け合う制度です。共同実施で発行されるクレジットをERU( Emission Reduction Unit )といい、排出枠として活用が可能です。

(2)クリーン開発メカニズム
先進国が発展途上国と協力してプロジェクトを行い、その結果生じた排出削減量(または吸収増大量)に基づいて発行されたクレジットをプロジェクト参加者間で分け合う制度です。
クレジット名は CER ( Certified Emission Reduction )といい、排出枠として活用可能です。

(3)排出量取引
先進国の間で、排出枠の獲得・取引を行う仕組みのこと。炭素クレジットを 1t-CO2 単位で取引する制度で、割当量単位のほか、CER、ERU、また吸収源活動による吸収量も取引できます。
ただし、排出量取引が行えるのは京都議定書の発行が前提となります。京都メカニズムの枠外では EU ( EU-ETS )、イギリス( UK-ETS )シカゴ( CCX )などで既に排出権取引が試行されています。

日本の目標
日本では、2008年4月から、第一約束期間に入りました。1990年に比べて温室効果ガス排出量を6%削減することが、日本に課せられた目標です。しかしながら、1990年に比べ総排出量は、逆に6.2%上回っているのが現状なのです。(2006年度の数値合計/2008年発表)
もう、待ったなし。温室効果ガス排出量6%削減をめざし、一人ひとりが具体的アクションを実践して、地球温暖化を止めなければいけません。

チーム−6%への参加について
日本の温室効果ガス排出量の削減目標を1990年に比べて6%削減を実現するための国民的プロジェクトであり、これの実施如何によって、2年後の東京都からの課題・指導も異なり、また、企業のイメージアップにもつながるものです。

ヨーロッパのローズ(RoHS)規格について
電気・電子機器に含まれる危険物質を規定する規格で、年々厳しくなり水銀を含む機器は排除されるので、蛍光灯(水銀を含む)も例外ではなく、今後LED等の照明器具が主流となります。

 不可能と思ったことが実現するSECIA TSKシステム

 CO
2削減と防犯・償却と実行性重視・クリーンがSECIAのテーマです

 テーマ:優良品質と低価格に挑戦する卸専門

 ターゲット
1.  一般家庭の年間消費電力の平均は約4,000kwh 
2.  エアコン、冷蔵庫、照明、テレビで約70%が使われる。
3.  家庭の衛生環境改善
   実行案の提案とコーディネイト
   CO2削減と防犯システムとは:(TSK環境改善研究所)
   中国産太陽光ソーラパネル使用による設備コスト低減とCO2削減
   中国産太陽光発電街路灯・庭園灯使用による消費電力の削減
   Asia Bioenergy Institute共同研究
 
 LEDソーラー街路灯   次世代照明LED 
 街路灯SL-ST-160W,JHL-043,TNS-005S,防犯灯TNS-M006S 庭園灯TNS-M007S SL-RL-20蛍光管 
 ソーラーパネルによって発電・充電・点灯する街路灯です。 SL-RL-40蛍光管 
 送電が困難な場所でも設置するだけで、すぐに使え便利、電気代はゼロです。 SL-RL-110蛍光管 
 内部には専用コントローラーが内臓されていますので配線など簡単に行うことが出来ます。 SL-RLシリーズ投射灯  
  SL-RLシリーズ道路照明灯 
  その他21品目